• amy

ジワジワと疲労を蓄積する前に!

 Instagramには、少し書いたのですが先日、ソファーを移動しようと思ってベッドを少しずらそうとして腰を痛めてしまったんですよね。


よくある感じ。「イタタタ...」位に思っていたのですが、どうにも治りが悪く、翌日から立ってると腰が圧迫されているイヤな感じが続いていました。軽度のぎっくり腰になってしまったんですよね。

数日間安静にしてから整骨院でケアしてもらいました。


『ぎっくり腰』は、様々な原因があるそうですが、私の場合、長年の『反り腰』の影響が

大きくありそうです。

こちらのyoutubeでもシェアしていますが、反り腰だと腰を常に圧迫している状態です。

 

 私自身も、トレーニングや意識で反り腰改善に取り組んでいる最中での、今回のぎっくり腰体験でした。


これは恥を忍んで私の腰を実際に痛めた体験を元に「姿勢改善」の重要性をお伝えしたいと思いblogにしました。


『反り腰改善したい』漠然と思っている方!

本当にほおっておくといつか痛い目にあいます!


自分の為に、気が付いた時から整えていきましょう。


まずは自分の身体のラインをチェックしてみましょうね。


❖前腿がパンパン

❖お腹がぽっこり出ている

❖仰向けになったら背中にスペースがすごく出来る

❖猫背・巻き肩気味

❖慢性的な腰痛

❖高いヒールが好き


上記に当てはまる方は、

まずは、意識的におへそを縦に引き上げるようにして生活してみましょう。


反り腰の大きな要因は、お腹の筋力低下と骨盤周りや前腿の硬さです。


◆おへそを縦に引き上げる意識をする事

⇨お腹に常に力を入れている状態になるのでまずはそれだけでも日々意識する事で変わっていきます。

※首肩も一緒に力を入れて上がらないように首肩はリラックスです。


前腿やお腹の奥(腸腰筋)をほぐしましょう

⇨テニスボールなど(硬すぎないもの)を利用してほぐしていきます。

うつぶせになり、ボールをおへその3cm位横に置き、自重で少しずつほぐしていきます。

ボールがない場合は、握りこぶしでもバスタオルを丸めたものでも代用可能です。

❖妊娠でもお腹の重さで重心が前に傾いていく為に反り腰になっていきます。

妊娠中は、仕方ないですが、産後、意識して骨盤調整をしていきましょうね。


では、反り腰改善に効果的な動きもまた近いうちにアップしますね。

8月のレッスンスケジュール公開しました。

プライベートレッスンも受け付けていますのでお気軽にお問合せください。






  • Facebook
  • Instagram