• amy

冬こそ日光浴してセロトニン分泌!

更新日:3月23日

 ここ最近は、快晴続きでとても心地よい気候ですね。

少しコロナも落ち着いてきた事もあり、お出かけする人も増えてきましたよね。



さて、今日は、【冬こそ日光浴をしましょう】をテーマにしてみました。


なぜ、【冬こそ】なのかと言うと、『冬季うつ』対策の為です。


秋から冬にかけて、以下のような症状はありませんか?


✓気持ちが落ち込みやすくなる

✓やる気がでない

✓ずーっと眠い

✓集中力が下がる

✓何も楽しくない

✓過食、食欲不振等、食欲のコントロールが出来なくなる

…等。


深刻な場合は、お医者さんに相談する事をオススメしますが、

まずは、自分で出来る対策として、『日光浴』を心がけてみましょう。


幸せホルモンと言われている「セロトニン」は、日光浴をする事で分泌されます。

そして、この「セロトニン」は、睡眠ホルモンである「メラトニン」の原料にもなります。


つまり、日照時間の短くなる冬は、「セロトニン・メラトニン」生成が難しくなる事になります。さらに、寒むくて外出せずに家でだらだらヌクヌク過ごしていませんか?


快晴で心地よい気候の日にお散歩がてら日光浴している自分。

薄暗い寒い日に、カーテンを閉めたまま家でダラダラと過ごしている自分。

どちらが心身共に健康か考えてみてください。


日々の過労を労うだらだらdayは、もちろん必要ですが、それとは別に上記を比較した時にどちらが、心身が健康かわかりますよね?


私たちは、直感で「こういう暮らしが健康的だよね」と本来は理解しています。

ただ、わかっていてもハードルが高くなってしまう人もいますよね。


まずは、簡単な事から初めてみましょう。


✓朝起きたら、カーテンを開けて数分でもカーテン越しでも良いので日を浴びながら深呼吸をして、身体を目覚めさせます。

※体内時計を整える事は、自律神経を整える事にも繋がります。


✓日の出ている時間帯に15分程度でいいので外に出ましょう。

 コンビニに行くついでもOKです。

※日に浴びる事で、骨も強くなります。


意識出来そうであれば、スマホを手放して、外で深呼吸します。

草花や鳥のさえずり等、自然に目を向ける時間を持ってみましょう。


このステップが出来るようになったら、さらに深呼吸をしながら

『あー今日も幸せ~♡』等、Positiveな言葉を口に出してみてください。

万が一、朝起きて、「あーだるっ、今日も〇〇したくない。」等のNegativeな思考が浮かんだとしても口からPositiveな事を言いながら太陽に向かって深呼吸です。


寝る前も同様に、

ベッドの上でいいので、心地よく伸びをしながら

『今日も幸せだったな~』とつぶやいてから眠りにつきましょう。

 私たちの脳は、案外、単純です。

光合成をして、「幸せホルモン」を分泌したら、より活性化させる為にも

『幸せだー』という事を口に出して脳に伝達していきましょう。


そもそも季節の変わり目は、気温の変化もあり体調も崩しやすいです。

心身の健康の為にも、メンタルケアを意識がけていきましょう。


そう難しくありません。

起きたらカーテンを開けて、カーテン越しでも良いので日光浴しながら『今日も幸せだー』

と言いながら深呼吸です♡


さらに、ヨガをやりたくなったら、是非お問合せくださいね。

オンラインでも承ります。


 

///


年内の「さわら町屋館ヨガ」スケジュール⇩


(都内レッスンリクエストも是非してくださいね。)


✽✽✽✽✽


#さわら町屋館ヨガ


毎月第4週末は、千葉県香取市佐原でレッスン


🍁11月27·28日

🎄12月25·26日 


7:30~8:30/10:00~11:00/16:30~17:30


申込先: こちらから


///


質問等あれば、お気軽にコメントやインスタにDM等してくださいね。








閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示